必見!スポーツメーカーに受かる志望理由とは!?

就職活動には、準備が非常に重要と言われている。自己分析といった現状の自分を正確に理解し、言語化することや、自分が関心を持っている業界について分析を行い、業界を取り巻く環境を理解すること、なぜその領域や会社を志望するのかを明確化することなど、多岐にわたる。

その中でも特に、志望理由書は、企業の人事が最も注目するといっても過言ではない提出資料の一つである。

なぜその会社に入りたいのか、就職活動を通してなぜそう言い切れるのか、文章のわかりやすさだけでなく、自分の今までのストーリーと照らし合わせながら志望理由の妥当性を調節する必要があるため、非常に難易度が高い。

とりわけスポーツ業界は、業界内の情報が集約されている媒体も少なく、表立った情報もないため、業界の分析や周辺環境を負荷ぼることが難しいため、他業界に比べ難易度が高いといっても間違いではないだろう。

本記事では、スポーツメーカーから内定を獲得するために最低限必要な志望理由書の書き方の一部をご紹介する。

今のスポーツメーカーに求められる人物を理解しよう

とあるメディアによって行われた「スポーツメーカーを志望する学生に関する調査」によると、ただ単にスポーツが好きで志望をするという学生が非常に多いのが現状である。

競技経験があり、スポーツブランドと接する機会があることは、志望理由としては重要なポイントである。

もちろん職種にもよるが、自身が身につけたこともなければ、そのブランドの良さを語ることができないため、営業やマーケティング、制作を行うにしても、自社の強みを十分理解し、自分ごと化することが難しいため、成果を残すことができるという納得感や妥当性を感じるに至らない。

したがって、自身がそのブランドのどこがいいと思っているのかという点を深堀り、言語化する必要がある。

それはもちろん競技経験に固執するわけではなく、例えば、生活上の観点かもしれないし、身近な人というエッセンスが入ってくるかもしれない。

また、健康という文脈ももしかすると、人によってはストーリーがあるかもしれない。

ここで注目しなければいけないのは、あくまで「志望理由を見た人が納得すること」に加え、「成果を残すほどの動機がある」と思われる内容であるかどうかなのである。

スポーツメーカーの人事が採用したいと思う志望理由書の書き方

それでは、人事が採用したいと思う志望理由書に欠かせない3つのポイントをお伝えしよう。

  1. なぜ、数ある業界の中の、スポーツ業界、特にスポーツメーカーという業種を選んだのか?
  2. なぜ、同業他社ではなく、このスポーツメーカーなのか?
  3. このスポーツメーカーで何がしたいのか?何を実現したいのか?

スポーツ業界と一言でまとめても、ジムのインストラクター、トレーナー、スポーツ用品小売業、スポーツメディア、プロスポーツの運営企業など幅広く存在している。だからこそスポーツメーカーへの志望動機を考える際に、基本的にこの3つの質問に対し「あなた自身」を起点に答える必要がある。

スポーツメーカーは学生にとりわけ身近な業界であり、非常に人気が高く、且つ採用人数が少ないため競争は激しい

特に報酬よりも自分の「好きなこと」を職業選択で重視している学生も多いため志望意欲が高く、その中で差別化していくのが難しい業種と言えるだろう。

また、スポーツ用品メーカーを志望する学生は、ほぼ全員が例外なく「スポーツが好き」である。

また、それなりの実績を学生時代に残してきたアスリートも加わることになる。体育学生・体育学部だからといって有利に働くという事ではないが、明確な意図を持った志望動機を書かなければと、選考を勝ち抜くことは難しいだろう。

なぜかというと、「好き」というは重要だが、「好きだから」では志望動機を全く差別化できない。

特に重要なのは、「スポーツを仕事、ビジネスとして、どう考え、どうしていきたいか」を明確にすることである。キーワードは「スポーツ × ビジネス」だ。

この視点を欠いていると、選考に勝ち抜くのは難しいだろう。

スポーツメーカーを受ける前の下準備

スポーツメーカーを受ける際は、他業界を受ける際とも変わらないが、まず業界の市場動向を十分に理解することが必要である。

業界・企業がどのような方向に向かおうとしているのかに応じて、自分の見せ方はもちろん、自分がスポーツメーカーに入社したあとにしたいと考えていることの実現可能性の妥当性を確認する必要がある。

想いを持つ事は非常に重要であるが、個人のエゴではなく、会社の方向性や業界のトレンドを十分理解した上で、会社をより良い方向に導くために、〜〜をしたいと伝える方が、納得感があるだろう。

だからこそ、まずは現状を確認し、その上で「自分であるならばここを変える」という強い意思を持つことが非常に重要である。

>>スポーツワークプラットフォーム MERCIで仕事を探す(MERCIに遷移します。)

>>スポーツキャリア相談室で専門家に相談する(スポーツキャリア相談室に遷移します。)